「気候変動への対応に積極的に取り組」む

と言っているみずほですが 

実際の行動はそれに沿っていません。

* (出典: Mizuho-fg.com)

気候変動におけるみずほの“真実”とは…

 
 
2017年以来、みずほは石炭火力発電所の開発業者に168億米ドルを融資しています。
(出典: Japan Times, 2019

石炭火力への世界最大民間資金提供者

欠陥のある

サステナビリティ方針

みずほの現在の方針は、東南アジアにお
ける石炭火力発電事業への支援を可能と
するものです。
(出典: Market Forces, 2018)

© Kemal Jufri / Greenpeace

みずほはインドネシアの熱帯林と泥炭地を破壊している悪名高い企業に融資しています。
(出典: RAN, 2020 and RAN 2018)

融資が森林火災を助長

みずほが融資を行う石炭火力発電所の一つである、ベトナムのギソン2(Nghi Son 2)は、汚染制御の不十分な旧式のテクノロジーを用いています。同発電所が運転を開始した場合、そのCO2排出量は、ベトナムの石炭火力発電所の平均CO2排出量の2倍に相当するものとなります。
(出典: Market Forces, 2019 and FoE Japan, 2019)

致命的な大気汚染

© Aulia Erlangga / Greenpeace

みずほはインドネシアで贈収賄疑惑に巻き込まれている石炭火力発電事業にも資金提供を行なっていると言われています。
(出典: 東洋経済、2020)

汚職事件

世界での日本の

評判を落としている

ベトナムのブンアン2石炭火力発電事業(Vung Ang 2 )は、猛烈な日本政府批判を引き起こし、小泉進次郎環境大臣までもが会見で、同プロジェクトは地球温暖化対策に逆行すると指摘するに至りました。この件は、2019年には気候変動に関する国際会議においても批判を招きました。
(出典: NHK, 2020)

私たちの地球のために、

石炭への融資をやめてください !